« お詫びとぷちビア | トップページ | 神田ランチマップ-6「平成屋」−北海味噌ラーメン! »

2005年10月18日 (火)

祝!ロッテ優勝ってことで「フィールド・オブ・ドリームス」-たまには映画1

祝、ロッテ優勝!ということで、思い出した映画。
(別にファンじゃないんだけど。ファンの方ごめんなさいませ)
FOD

「フィールド・オブ・ドリームス」
【製作年】1989
【製作国】アメリカ
【監督】フィル・アルデン・ロビンソン
【出演】ケヴィン・コスナー、エイミー・マディガンほか
【DVD情報など】http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD7711/

<あらすじ>
「それを建てれば、彼はやってくる・・・」
アイオワ州に住む主人公イ・キンセラは、ある日、とうもろこし畑で
不思議な「お告げ」を聞く。何度も聞くうちに、作らなくてはならないのが
「野球場」であることに気づいたレイは、家族や周囲の反対を押し切って、
とうもろこし畑を潰して野球場を作ってしまう。
出来た当初は何事も起こらず、周囲の冷たい反応にさらされるが、
1年が経ったある日、奇跡が起こり、本当に「彼ら」がやってくる。
彼らと夢のような時間を過ごすレイには、さらなる驚きが待っていた・・・

当時は、正直「『アンタッチャブル』で格好よかったケヴィン・コスナーが出てる」
くらいの軽い気持ちで観たのだが、よくできたファンタジーだった。
アメリカ大リーグに詳しくない私でも耳にしたことがあった
「ブラック・ソックス事件」
(1919年のワールドシリーズで、シカゴ・ホワイトソックスの8人の選手が
八百長に加担し「故意に敗退」したとされる事件)と、
親子の話がうまく混ざっていた感じ。
ジェームズ・ホーナーの音楽もよくて、すぐにサントラまで買ってしまった。
当時は原作(W・P・キンセラ『シューレス・ジョー』)を読む気に
何故かならなかったけど、今度読んでみようかな。

☆☆☆人気Blogランキング参加中☆☆☆
ご訪問の際には、励みになりますので1日1クリックお願いいたします

http://blog.with2.net/link.php?170762

◇◇◇週間ブログランキング くつろぐ も始めました◇◇◇
ご訪問の際には、励みになりますので
こちらも1日1クリックお願いいたします

http://kutsulog.net/

|

« お詫びとぷちビア | トップページ | 神田ランチマップ-6「平成屋」−北海味噌ラーメン! »

コメント

フィールド・オブ・ドリームス、大好きです。
脇に目が行く私は、「不法侵入」「サムシング・ワイルド」にも出ていたレイ・リオッタに釘付け。存在感、ありますね、彼。
ケヴィン・コスナーのもう一本の野球の映画「さよならゲーム」を見て、スーザン・サランドンさんよ、あなたは私の憧れだ、と思いました。
なんか、いろいろと映画を見直したくなっちゃいました。

投稿: あかね | 2005年10月19日 (水) 23時15分

あ、ケヴィン・コスナーって「さよならゲーム」にも
出てましたっけね。そっちは見てないから
残念ながらスーザン・サランドン、わかりません。
今度見てみようっと。

投稿: 加賀錦 | 2005年10月20日 (木) 07時44分

スーザン・サランドンを見たいのなら
「テルマ&ルイーズ」、
原作がジョン・グリシャムの「依頼人」
を見て下さい。

投稿: あかね | 2005年10月20日 (木) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144349/6452297

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!ロッテ優勝ってことで「フィールド・オブ・ドリームス」-たまには映画1 :

» 『フィールド・オブ・ドリームス』 [こばさん]
父への謝罪。 フィールド・オブ・ドリームス ― コレクターズ・エディションソニー・ピクチャーズエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る kaneさんのブログの「親父とのキャッチボール」(このブログの11月11日の記事に、元記事がトラックバックされています)を読んだときにすぐに思い出したのが、この映画。自分にとって、「泣ける映画」の一つ。ラストの、主人公と父親のキャッチボールもそうだし、作家が「ベ�... [続きを読む]

受信: 2005年11月19日 (土) 08時50分

« お詫びとぷちビア | トップページ | 神田ランチマップ-6「平成屋」−北海味噌ラーメン! »