« 58歳のシンガー、走る!-iPod育成記3 | トップページ | 「うどん屋 網十」セルフ讃岐うどん!(神田ランチマップ37) »

2005年12月26日 (月)

真保裕一「ホワイトアウト」文庫党のつぶやき23

この1、2週間あまりというもの、東京を除く全国で大雪の被害が相次ぎ、
ついには大停電があった。
被害に合われた方のご苦労を考えれば
こんなエンタメ本を紹介するのは不謹慎と思いつつも、
どうしても思い出してしまったのでご紹介を。

VFSH0233真保裕一「ホワイトアウト」(新潮文庫)

映画にもなっているので、題名くらいは聞いたことがある人も多いのでは。

本のあらすじはこちら

映画のあらすじはこちら

物語の舞台「奥遠和ダム」のモデルになったのは、
新潟県と福島県の県境にある奥只見ダムだそうだ。

こちらのブログでは、実際の行き方がわかる!
http://rokechi.com/blog/archives/2005/11/post_10.html

一言で片付ければ「雪山版ダイハード」なわけだが、
それが日本を舞台にリアルに展開する。

なんでこのダムをわざわざ占拠?とか、
主人公一人だけで(しかも日本人が)なんで戦えちゃうの?とか、
どうして彼女はダムに来ちゃったの?とか
いろいろ突っ込みどころはあるとは思うが、
それを黙らせるほどに、雪山のシーンに臨場感がある。

奥只見ダムには行った事はないし、冬山はもちろん登山の経験もない。
そういう私でも、読んでいるうちに
まるで雪の上を行軍しているかのような錯覚に陥るほどだった。
手はかじかみ、足先の感覚がなくなり、頬は風雪に切られて痛む。

コタツや電気カーペットでぬくぬくしながら
こういう本を読める幸せをかみ締めるのもいいかもしれない。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
人気Blogランキング参加中 → http://blog.with2.net/link.php?170762
週間ブログランキング「くつろぐ」も参加中 → http://kutsulog.net/
(ご訪問の際には、励みになりますので1日1クリックお願いいたします)

|

« 58歳のシンガー、走る!-iPod育成記3 | トップページ | 「うどん屋 網十」セルフ讃岐うどん!(神田ランチマップ37) »

コメント

おはようございます。
TBとコメントありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきました。

真保さんの本はどれもハズレがなくて、安心して読めますよね!どれもおもしろい!!
まだまだ読んでいない作品がたくさんあるので少しずつ読み進めたいと思っております。

それから、ほんとうにおいしそうなランチの数かずですね~~♪
見ているだけでも楽しいです。
これからも拝見させていただきます!

投稿: ゆう | 2005年12月26日 (月) 09時47分

先日はコメントありがとでした!キース感電の記事を書いたものです。
今後ともよろしくです!

投稿: mikun | 2005年12月26日 (月) 10時25分

こんにちは。
TBありがとうございます。神田は私もたまにいくので、お昼参考にさせてもらいます~

投稿: mine-zou | 2005年12月26日 (月) 12時20分

TB、コメント有難うございます。

ホワイトアウトは、原作、映画共に出来のいい作品の部類かと思っています。
映画はもちろん多少のアレンジはありますが、原作の雰囲気を壊さずよくやった、という感じです。
ただ比較的映画の方がややヌルく、原作のハードさが真保さんらしくてマルです。

北海道在住のため、神田・神保町には2、3度行ったことある程度ですが、ランチはどれも美味しそうですので、いつか機会があれば・・・と思います。

投稿: Meister | 2005年12月27日 (火) 01時40分

コメント&TB、ありがとうございました!
初めてこの作品を読んだ時は、自分も夢中になって一気に読んだものです(^^)

投稿: しゃお | 2005年12月27日 (火) 13時27分

私もこれ、本で読んで映画も観ましたよ~。
なんというか、日本版ダイハードというか
「今のは絶対死ぬだろ~」ってとこもたくさんあったけど(笑)
それも小説と思えば楽しめる作品でしたねっ。

そういえば、私も3年ほど前に岩手で
プチ・ホワイトアウトを経験しましたよ~。
この小説の主人公みたく山の中を歩いて、ではなく
車で走ってる最中だったんですが。
雪自体はそんなに降ってなかったんですが
時折突風が吹くんです。
そんで、地面に積もってるアスピリン・スノーが
ブワーーッと風に舞い上がって、一瞬目の前がリアルで真っ白なの。
もちろんずっと徐行していたので、
それでハンドルさばきを間違えるようなことはなかったし
エアコンが効いてて暖かかったので、
瞬間的には恐怖に引きつった良い顔(笑)してたと思いますが
今思えばなかなか楽しい経験ではありました~。

投稿: しのぶ | 2005年12月28日 (水) 13時30分

TBとコメントありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきました。
本文にも紹介していただき光栄です。
映画版は普段目にする事の出来ない厳冬期の黒部ダム、それを暖かいところでみる幸せ(?)、まさにエンタテイメント!ですね。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: れっさーぱ? | 2005年12月29日 (木) 00時03分

TBとコメントありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきました。
本文にも紹介していただき光栄です。
映画版は普段目にする事の出来ない厳冬期の黒部ダム、それを暖かいところでみる幸せ(?)、まさにエンタテイメント!ですね。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: レッサーパンダ? | 2005年12月29日 (木) 00時03分

ゆうさん、mikunさん、mine-zouさん、meisterさん、しゃおさん、レッサーパンダさん
遅れましたが、TB返しありがとうございました。
たぶん文庫の話はこれからも書きますので、そのときはまたお邪魔させていただきます!

しのぶさん
ひゃー、危ない!
大事に至らなくて良かったですねぇ・・・
ホワイトアウトはできれば私は一生経験したくないですケド。
それにしても「恐怖に引きつった良い顔」ってどんな顔ですかっ

投稿: 加賀錦 | 2005年12月31日 (土) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144349/7832447

この記事へのトラックバック一覧です: 真保裕一「ホワイトアウト」文庫党のつぶやき23:

» ホワイトアウト 真保裕一 [かみさまの贈りもの~読書日記~]
日本最大級のダムが武装グループに占拠された。 人質となった同僚や、かつて自分の過失により山で亡くしてしまった友の婚約者を救うべく、一人のダム職員が悠然と立ち向かう。 厳寒の雪山、迫りくる犯人達の殺意、ダム施設内の構造・・・・その描写は細部に至るまで緻密...... [続きを読む]

受信: 2005年12月26日 (月) 09時42分

» ホワイトアウト [キョウモナニカヲサガシテル]
ホワイトアウト 真保裕一氏作品ご紹介そのに。 映画化されて大ヒットしてるので、みなさんよく知ってると思いますが、原作読んでない人は是非読んでください。 映画になった作品は、2時間に話をまとめるために、話がはし折られたり内容が変わったたりするのが見てて消化不良な感じで、不満によく思うのですが、ホワイトアウトは映画は映画の、本は本の面白さがでていて、どちらもお勧めですよん。 ... [続きを読む]

受信: 2005年12月26日 (月) 12時18分

» 『ホワイトアウト』 真保裕一 [固ゆで卵で行こう!]
著者:真保 裕一 『ホワイトアウト』 (新潮文庫) 日本最大のダムがテロリストに占拠され、ダムの職員と下流の住民をタテに50億を要求してくる。 難を逃れたダムの職員である富樫は、かつて同じダムの職員である親友と雪山で遭難しかかった登山者を一緒に救助し... [続きを読む]

受信: 2005年12月27日 (火) 12時26分

» ホワイトアウト-黒部ダムの旅×物語 [ロケ地ドットコム|旅×物語]
 世界最高クラスの高さを誇る圧倒的スケールの黒部ダムにてロケが行われています。... [続きを読む]

受信: 2005年12月28日 (水) 23時52分

» ホワイトアウト”真保祐一の原作”と”織田裕二主演の映画” [バンパク!]
原作は◎。映画は”?” [続きを読む]

受信: 2006年3月20日 (月) 01時50分

« 58歳のシンガー、走る!-iPod育成記3 | トップページ | 「うどん屋 網十」セルフ讃岐うどん!(神田ランチマップ37) »