2006年2月20日 (月)

「THE 有頂天ホテル」(たまには映画10)

ただいま大ヒット中(らしい)、三谷幸喜お得意の
群像喜劇「有頂天ホテル」を観て来た(先月だけど)。

公式サイトはこちら
あらすじはこちら

そんなに期待していたわけではないけど、
観終わった感想は一言、「いやー、面白かった

かなり大勢の人物が登場するが、それぞれのキャラが
よく描き分けられているのであまりうるさい感じがしなかった。

ホテルのスタッフでは・・・

VFSH0265実直な仕事ぶりでスタッフからも頼りにされているのに、
別れた奥さんの前では、つい見得を張りまくって
ダメ男な一面をさらけ出してしまう副支配人
(役所広司、実直な男もダメ男も両方見事!)。

その副支配人を一生懸命サポートしている
アシスタントマネージャー
(戸田恵子、何を演じても相変わらずステキです!)

反対に次期支配人の座を争っていて、
こいつだけには負けたくないと意地を張り合う
もう一人の副支配人
(生瀬勝久、脇役には欠かせません!)

悪い人ではないんだけど、子供っぽい動機から
ホテル中の大騒ぎの元を作り出してしまう支配人
(伊東四朗、ベテランの味ですな)

音楽で一旗挙げようと上京するも
夢破れて故郷に帰る決意をするベルボーイ
(香取慎吾、お猿さんも良いけどこういう青年役もいいっす)

訳あってバツイチ子持ち、仕事はきっちりするけど
怒らせると怖い感じな客室係
(松たか子、子持ちの母親役も違和感なくなりましたな)

腕はいいけどあまりに根暗な筆耕係
(オダギリジョーとは一瞬わからなかった!!)

気障で気取った時代遅れな感じのホテル探偵
(石井正則、気障な役も結構面白い!)

などなど・・・

ホテル側だけでもこれだけキャラが出揃っているのに、
客のほうも個性派揃いで、さらに楽しめる。

汚職疑惑でマスコミに追われている若手議員
(佐藤浩市、いやー、こういう駄目ダメ男をやっても格好良いですっ)

授賞式に出席するはずがコールガールと
鬼ごっこする羽目になる教師
(角野卓造、渡鬼は見たことないけど怪演が迫力あり!)と、
その教師の妻=実は役所広司演じる副支配人の元妻
(原田美枝子さん、きれいです!)

どこか憎めない高級コールガール
(篠原涼子、可愛い!)

強力マイペースな大物演歌歌手
(西田敏行、よくぞあの役をやったって感じ)

胡散臭い弱小芸能プロの社長
(唐沢寿明、濃いキャラを楽しそうに演じてます)

本当は歌手になりたかった女性芸人
(YOU、意外にも弱々しい感じがよく出ていてびっくり)

何故かジャージ姿でマジックの練習に励むマジシャン
(寺島進、こういうのもステキです!)
などなど・・・

好きなシーンはいろいろあるけど、
ネタばれになるので最後のほうに。

実は、神田、お茶の水、神保町と探し回ったのに
どこの店も完売のため前売りが手に入らず、
定価で見ることになったのだけど、
それでも「金返せ!」とはならなくて、ほっ。

唯一の心残りは、パンフを買わなかったこと。
見終わった時は、「いらないかな?」と
思ったけど、これを書いていたらちょっと後悔・・・

きっと人によって好き嫌いはあると思うけど、
まだの人は、別に大画面で見る必要もなさそうだし
ビデオでもいいから観る事をオススメします。

※誤字脱字があったので(指摘してくれた方、ありがとうござんす)
こっそり訂正しました。

好きなシーン
ネタばれ注意!!!

































・一度はホテルから摘み出されたコールガールが、
倉庫の荷物をわざと崩して、その混乱の隙に
もう一度ホテルに入る場面。
警備室の窓の下を、見つからないように荷物運搬用の
台車に腹ばいになって手で進むのが面白かった。
毛皮を着た金髪の女性が腹ばいになってる図って・・・

・副支配人が元妻の前で表彰者のフリを続けるために、
頼まれてもいないスピーチをする場面。
鹿の被り物や脚本もすごいんだろうけど、
役所広司の「あ痛たたたっ」な演技もすごかった。

・白塗り顔のまま逃げ回る総支配人。
「洗顔クリーム、大至急、持ってきてくれ!!!」

・角野辰造演じる教師が、倉庫から出ようとすると
ドアが開かない。なんで・・・?と外をうかがうと
なんと、大量の椅子が・・・!

・悠然とホテルを闊歩するアヒル君。無敵です。

・松たか子演じる客室係が、ちらかり放題の女性客の
部屋を片付けながら、ついついアクセサリーを身につけて
鏡をうっとり眺める場面。

・その場の勢いで、知らないオジサンの「愛人」を
演じる羽目になった客室係が、急に変な中国語訛りの
カタコト日本語を話し出す場面。

・・・いっぱいあり過ぎて書ききれない!!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
人気Blogランキング参加中 → http://blog.with2.net/link.php?170762
週間ブログランキング「くつろぐ」も参加中 → http://kutsulog.net/
(ご訪問の際には、励みになりますので1日1クリックお願いいたします)

| | コメント (7) | トラックバック (10)

2005年12月30日 (金)

「宇宙戦争」(たまには映画9)

ブログを始める前に観た映画、その2は古典的SF名作のリメイク。

utyuusensouあらすじはこちら

原作(H.G.ウェルズ、なんと1898年!注1)発表後、
アメリカでラジオドラマ(注2)が放送されたとき、
ナレーションのオーソン・ウェルズの演技があまりに真に迫っていたため
パニックが起きたという有名なエピソードばかりが頭にあって、
原作すら読んだことがなかった。

おまけに、どう考えても怖い話しだし、
怖い映画苦手な私はどうしようかな?とかなり迷ったんだけど
SF好きを一応自認しているので、ここはひとつ、古典に敬意を表して見に行かなくちゃ、ということで見たんだけど・・・

「しまった、やっぱり来なけりゃ良かった(半泣)」
と思いましたね。

あのブォーン、ブォーンっていう、腹の底に響く音がたまらなく嫌で。

容赦なくみんな殺されていくし。
怪光線やらビームやら串刺し(うえっ)やら。
地球人だって怖いし。

最後も、すっごい怖がらせておいて、
結末は・・・知ってはいたけど、あれれ???
あれじゃあ説明が足りないんじゃないのかな、
とかなり心配になってしまった。

でも、「タコ足宇宙人」のイメージを最初に打ち出したのもウェルズだし、
「宇宙人が容赦なく襲ってくる」ってアイデアもたぶんそうだし、
賛否両論のあの「落ち」も無論そうだろうし。
そういう「当時は斬新だったのに、
今ではパロディになっちゃう宇宙ネタ」を
最新の技術で見られたのは良かったかなあ。

まあ、とにかく十分怖がらせていただきましたので、
もう十分、ご馳走様、という感じ。
たぶん、しばらくはこの手の映画(パニック映画)は
見ないんだろうなあ。

注1)原作は各社から翻訳が出てます。お好きなのをどうぞ。

ハヤカワSF文庫
創元SF文庫
角川文庫ほか

注2)なんと、アメリカでは当時のドラマがダウンロードできるサービスが
始まったらしい。うむむ、やるなあ。

MSN Music、名作ラジオドラマをダウンロード販売

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
人気Blogランキング参加中 → http://blog.with2.net/link.php?170762
週間ブログランキング「くつろぐ」も参加中 → http://kutsulog.net/
(ご訪問の際には、励みになりますので1日1クリックお願いいたします)

| | コメント (9) | トラックバック (10)

2005年12月29日 (木)

「スター・ウォーズ3 シスの復讐」(たまには映画8)

今年も残り少なくなってきたので、ブログを始める前に観た映画を
振り返ってみた。
まずは問答無用に説明不要の超有名な映画から。

あらすじはこちら

VFSH0238ファンからどやされる覚悟で言うなら、
アナキンが暗黒面に落ちるシーンが
「え、おいっ、それで落ちちゃうの?!」と
急な展開でちょっと唖然としたとか、
「このアミダラの娘が、レイア姫・・・?」(うーん)とか、
「トカゲがマシーンと同じスピードで走っちゃうの!?」とか、
「オビワンよ、そこで見殺しにするこたぁないだろう!」とかとか、
いろいろツッコミたいことはあるけれど、

それでも、全部ひっくるめて言えば、感想は一言。
これでエピソード4と繋がったー!(満足)」

そして、なるほど、シュコーッはこうやって誕生したのかー(納得)
(注:私と友人の間では、ダース・ベイダーは「シュコーッ」になっている)

それから、あの「通路」をヨーダ達が歩くシーンは懐かしかったなあ(しみじみ)。

最後のほうで、ルークを引き取るおじさん夫婦が
夕日を見ているシーンも、懐かしかった(さらにしみじみ)。

あとは、あのトカゲ君(あれ、オスじゃないのかな??)は
あの後どうなったのかな・・・?(疑問)

それにしても何の因果か、2回も見てしまった。
1回目は前売りが売り切れで(どういう事?!)定価で、
2回目は意固地になって探した前売りで鑑賞。
これもフォースのお陰なのか・・・?

で、DVDを買うかどうかは・・・考え中。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
人気Blogランキング参加中 → http://blog.with2.net/link.php?170762
週間ブログランキング「くつろぐ」も参加中 → http://kutsulog.net/
(ご訪問の際には、励みになりますので1日1クリックお願いいたします)

| | コメント (14) | トラックバック (16)

2005年12月18日 (日)

Mr. and Mrs. Smith(たまには映画7)

銃の似合う女優アンジェリーナ・ジョリーが見たくて
「Mr. and Mrs. Smith」を観てきた。

VFSH0221公式サイトはこちら
あらすじなどはこちら

「ブラッド・ピットはますますロバートレッド・フォードに似てきた」という友人の感想に1票。
アンジェリーナ・ジョリーは、相変わらずスタイルがよくてはっきりいって眼福。
ドレスも○○○(一番最後のネタばれ参照)も、
もちろん銃も全部似合ってた。

話の展開は読めるし、突っ込みどころもあるんだけれど、
二人の夫婦漫才みたいな掛け合いが随所にあったので
許そうかと。

それにしてもド派手な夫婦喧嘩。
あれじゃあお隣さんも大変だったろうなあ。

以下、ネタばれあり。要注意!










 
 
  
 
 
 














笑えたところ。

SMの女王様の格好でお仕事を済ませた妻は、
戻ってきてから地味なドレスに着替えて
隣人のホームパーティに出席。
団欒していると、よその奥様が「えっ?!」という顔で
足元を見ている。何・・・?と目をやると、
しまった、網タイツ変えるの、忘れてたよ。

夕食のお肉を切り分けようとした妻から
さりげなーくナイフを取り上げた夫。
しかし!妻はにっこりと2本目のナイフを取り出し、
優雅にパンを切り分けるのだった・・・

今まで仕事で「片付けた」人の数をくらべっこして、
妻のほうが桁違いに多いとわかった時にイジケた夫。
人数数えるのは明らかに不謹慎だけど、
夫のプライドを妻があっさりぶった切る、の図が。

カーチェイスで車を横付けされ、
左後のドアから乗り込んできた戦闘員を、
そのまま右後のドアから放り出したところ。
戦闘員が車に乗っていた時間、わずか2,3秒。
思わず「ありえん!」と声を出してしまった。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
人気Blogランキング参加中 → http://blog.with2.net/link.php?170762
週間ブログランキング「くつろぐ」も参加中 → http://kutsulog.net/
(ご訪問の際には、励みになりますので1日1クリックお願いいたします)

| | コメント (10) | トラックバック (17)

2005年12月11日 (日)

「交渉人 真下正義」たまには映画6

「踊る大走査線」のスピン・オフ映画で、
今日フジテレビで放送していたドラマ「逃亡者・木島丈一郎」で
主役になってしまった木島刑事の初登場映画。
寺島進、いい味出してます。

VFSH0208あらすじはこちら
公式サイトはこちら

この映画を見る直前、たまたま
新幹線の点検車両「ドクターイエロー」を
知ったばかりだったので、そういう意味で
個人的にはタイムリーな設定だった。

筋が粗いとか、主役の演技がなってないとか、
「交渉人」のくせに交渉してないとか、
はたまた水野美紀との競演シーンが少な過ぎるとか、
某アニメ映画と共通点が多すぎる、などなど
ご批判の向きも多々あるかとは思うが、
個人的には、東京の複雑な地下鉄網を舞台にしたのは
面白いと思ったし、最後まで疾走感があって楽しめた。

脇役が好きだっただけかもしれないけど・・・
寺島進(木島刑事)とか、國村隼(地下鉄総合指令室の渋い室長)とか、
石井正則(同司令室のお調子者広報係)とか、
松重豊(爆発物処理班、略して”爆処理”)とか。

気に入った台詞
「ああ、おかあさま」

最後に余談。この映画を観た帰り、
「ゆりかもめ」の車中で雷雨に遭遇。
パノラマな雷って結構怖い。
新橋についた時はほっとした・・・

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
人気Blogランキング参加中 → http://blog.with2.net/link.php?170762
週間ブログランキング「くつろぐ」も参加中 → http://kutsulog.net/
(ご訪問の際には、励みになりますので1日1クリックお願いいたします)

| | コメント (2) | トラックバック (13)

2005年11月20日 (日)

大金をめぐる子供と大人のファンタジー「ミリオンズ」-たまには映画5

もしも数十億円を拾ったら、あなたならどうする・・・?
警察に届ける?好きなモノを買いまくる?
家に投資する?銀行に預ける?寄附する?
それとも・・・?
いろいろなことを考えてしまう映画を見てきた。

VFSH0167<あらすじ>
ユーロ切り替えを目前に控えたイギリス・マンチェスター近郊の街。
弟のダミアンは、サッカー選手よりもキリスト教の聖人に興味がある、ちょっと変わった心優しい8歳の男の子。
兄のアンソニーは2歳年上の現実家。
母親が死んだ後、兄弟は父と三人で線路近くの新居へ引っ越すことに。
ある日、ダミアンが線路脇の土手で
”ダンボールの城”を作って一人遊びをしていると、
突然、空からボストンバックが落ちてくる。
中からはなんと22万ポンド相当の大量の紙幣が。
ポンドが紙くずになってしまうまで、あと2週間弱。
それまでにこの大金をどうするか・・・?
大人たちには内緒で、アンソニーが高価なものを
次々と買いまくる一方で、ダミアンはなんとか
貧しい人達にお金を渡そうとするのだが・・・


一面の花畑や流れる雲、線路を通過する列車など、
全体に独特の色使いと妙に心地よいリズムで描かれている。
主役の兄弟がいい!弟は可愛いし、兄はこまっしゃくれてるし。
くわえて、ニヤリとするシーンがたびたび登場するのが英国的?!
イギリスの小学生の学校生活ぶりを垣間見られるのも面白かった。




<以下、ストーリーに触れますのでお気をつけください>




思わずにやりとしたシーンの例。
モルモン教徒の3人組が問題のお金を偶然手に入れて、
警察に届けずに家電製品をしこたま買い入れた後の警官との会話。

警「(お金が偶然手に入ったことを)変だとは思わなかったんですか?」
モ「ええ、毎日お祈りしていますから、神に祈りが届いたのかと」
警「で、家電製品を買いまくった、と」
(と言いながら、長い長いレシートを眺める)
モ「ええ・・・」
警「プラズマテレビも神の思し召しと?」
モ「ええ」
警「食器洗い機も?」
モ「ええ、そのくらいは・・・」
と、その直後に台所から「チーン!」と音がする。
警「電子レンジも、ね・・・」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
人気Blogランキング参加中→http://blog.with2.net/link.php?170762
ついでに「週間ブログランキング」も参加中→http://kutsulog.net/
(ご訪問の際には、励みになりますので1日1クリックお願いいたします)

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2005年11月 8日 (火)

「スウィングガールズ」ジャズやるべ!-たまには映画4

お借りしていたDVDをようやく、ようやく観終わった。
DVD情報はこちら→http://movie.goo.ne.jp/dvd/detail/D111337254.html

VFSH0125<あらすじ>
舞台は東北のとある町の高校。
主人公の友子は、夏休みの補習をサボるため、
野球部の応援に行っている吹奏楽部へ
お弁当を届けに行く役をかって出たものの、
その弁当が原因で吹奏楽部は一人を除いて全員食中毒に。
友子と一緒に授業を抜け出したメンバー全員が、
責任を取らされる形で止む無くブラスバンドを始めるのだが・・・

田んぼ、制服、そしてビッグバンド!
どうも世間では賛否両論に真っ二つという雰囲気だが、
個人的にはこの取り合わせを考えた時点で
「なんか、いぐねぇ、いぐねぇー?」で勝ちという感じ。

バンドを始めるきっかけもいいし、途中で邪魔が入ったり、
楽器を買うお金を集めるくだりもなかなか面白い。

お気に入りのシーンベスト3
その1 きのこ狩り(「この素晴らしき世界」が絶品BGM )
その2 横断歩道・卓球場・団地(「お母さん、あれ何?」「見ちゃダメ!」)
その3 演奏会「すべての人間は・・・(迷台詞!)」

全員吹き替えなしで演奏してるので、最初の全然駄目駄目から
徐々に音が出るようになってくるのもいい。
役者さんもいい感じ。
子供たち。
上野樹里、本仮屋ユイカが可愛い。
豊島由佳梨殿、あなたはあっぱれだ(アイスのシーン)。
周りの大人たち。
竹中直人さんや、渡辺えり子さん、小日向文世さん、徳井優さん、田中要次さん、大倉孝二さん、などなど名バイプレーヤーがずらり。

この間観た「グ××」よりも断然面白いっ

心残りは・・・「映画館で観れば良かった!」
DVDをPCで観たから音響が最悪。音も重要な映画なのに・・・。
教訓。観たいと思った映画はなるべく映画館で観るべし。

でも、DVDには劇中で使われた曲の解説もついていて、
そのシーンだけもう一度観られたから、まあいいか。
もう一度スウィングが聞きたくなった。サントラでも買うかな。

☆☆☆人気Blogランキング参加中☆☆☆
ご訪問の際には、励みになりますので1日1クリックお願いいたします

http://blog.with2.net/link.php?170762

◇◇◇週間ブログランキング くつろぐ も始めました◇◇◇
ご訪問の際には、励みになりますので
こちらも1日1クリックお願いいたします

http://kutsulog.net/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月 6日 (日)

「24シーズン3」やっと終了

映画じゃないけど、やっと見終わったので「24」シーズン3の話。

VFSH0118「24」は言わずと知れたアメリカの大ヒットドラマで、
「事件はリアルタイムで起きている」の決め台詞の通り、
複数の現場で同時進行する物語を時間通りに描いていき、
ドラマでの現在時刻をデジタルで表示する方法は
日本のドラマやCMでもよく真似された。

1話60分、全24話で、各話終了間際に「それはないでしょ!」と
叫びたくなるような衝撃のシーンを必ず盛り込み、
すぐに続きが見たくなる作りになっている
(これを毎週待たされたアメリカの人達ってある意味かわいそう)

現在までにシーズン4まで放送されていて(日本では3まで、4はビデオレンタル中)、
シーズン1では初のアフリカ系黒人大統領候補の暗殺を、
シーズン2では核爆弾の脅威を、シーズン3では生物兵器テロの拡散を
阻止するための戦いが描かれる。

とにかく全体に緻密な構成とあっと驚く展開で、一度見始めたら止まらない。
下手な映画よりも断然面白いかも。

で、見終わったシーズン3は、というと。
録画した後、泣く泣く1時間ずつくらいのペースで見て、このほどようやく終了。
いろいろ書くとネタばれになるので、一言でいうなら、
ガエルーーって感じですかね。なんで?!・・・っていう。
ミシェルも格好よかったなあ。
圧巻だったのは元大統領夫人、シェリー。存在感、有り過ぎです。

それにしても、主人公ジャック役のキーファー・サザーランドの声。
カロリーメイトのCMで地声が分かったけど、思ったより高いかな。
やっぱり小山力也さんの声のほうが断然素晴らしいっ。
(地声と声優さんの声比べをしたい方は、「カロリーメイト24」で
公開中のラジオCMを聞きましょう)
あと、「スタンド・バイ・ミー」に出てたらしいんだけど、覚えてないなあ。
何の役だったっけ・・?

☆☆☆人気Blogランキング参加中☆☆☆
ご訪問の際には、励みになりますので1日1クリックお願いいたします

http://blog.with2.net/link.php?170762

◇◇◇週間ブログランキング くつろぐ も始めました◇◇◇
ご訪問の際には、励みになりますので
こちらも1日1クリックお願いいたします

http://kutsulog.net/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年11月 4日 (金)

ブラザーズ・グリム-たまには映画3

本当は「セブン・ソード」を見たかったのに、
気が付いたら近所では終わっていたので
「ブラザーズ・グリム」に。

VFSH0110<あらすじ>
フランス統治下のドイツで、ウィルとジェイコブのグリム兄弟はインチキ魔物退治をしながら各地を旅していた。
ところが、ある町でペテンがばれて仏軍の将軍に捕らえられてしまい、処刑されたくなければある村で起きている連続少女失踪事件の首謀者を捕まえてこいと脅される。
気が進まないまま現地に赴くと、昼なお暗い森の中では世にも奇妙な光景が繰り広げられていた・・・

 

赤ずきんちゃんも、ヘンゼルとグレーテルも、
白雪姫も出てきて、ファンタジーてんこ盛りなんだけど
主役の二人が・・・
マット・デイモンはジミー大西に見えてしょうがなかったし
(ファンの方、ごめんなさい)ヒース・レジャーはかっとんでいたし。
でも、モニカ・ベルッチは綺麗だったし、レナ・へディが格好よかったな。
圧巻は仏軍の将軍と部下コンビ、ジョナサン・プライスとピーター・ストーメアですかね。
最初の10分を我慢すればそれなりに楽しめるかも・・・?!
前列の男性は10分で帰ってしまった。タダ券でももらったのかな。

☆☆☆人気Blogランキング参加中☆☆☆
ご訪問の際には、励みになりますので1日1クリックお願いいたします

http://blog.with2.net/link.php?170762

◇◇◇週間ブログランキング くつろぐ も始めました◇◇◇
ご訪問の際には、励みになりますので
こちらも1日1クリックお願いいたします

http://kutsulog.net/

| | コメント (15) | トラックバック (7)

2005年10月23日 (日)

「シン・シティ」-たまには映画2

久々に映画館で見てきた。

「シン・シティ」
http://www.sincity.jp/main.html
2
【製作年】2005
【製作国】アメリカ
【監督】ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー【特別監督】クェンティン・タランティーノ
【出演】ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、クライブ・オーウェン、ベニチオ・デル・トロ、イライジャ・ウッド、ジェシカ・アルバほか

大きく3つの物語に分かれており、それぞれ主人公(男性)の一人称。

全編にわたって画面はモノトーンで、ところどころ印象的に
赤、青、黄色が登場。
割とグロいシーンが多いので、ホラー・スプラッター系が嫌いな私には
これで丁度良かった感じ。
全体に劇画調ハードボイルドのノリなので、その手が苦手な人は駄目かも。
ミッキー・ロークとイライジャ・ウッドが驚きだった。
それにしても最初にこのタイトルを見た時、
「シム・シティ」ってゲームを思い出しのは私だけか・・・?

☆☆☆人気Blogランキング参加中☆☆☆
ご訪問の際には、励みになりますので1日1クリックお願いいたします

http://blog.with2.net/link.php?170762

◇◇◇週間ブログランキング くつろぐ も始めました◇◇◇
ご訪問の際には、励みになりますので
こちらも1日1クリックお願いいたします

http://kutsulog.net/


| | コメント (0) | トラックバック (2)